学習や意欲に関わる「ドーパミン」とは?

今回は、ドーパミンに関するお話です。

ドーパミンはアドレナリン・ノルアドレナリンの前駆体です。

役割としてはさまざまな役割があり、コントロールすることは、不可能であり、可能でもあります。

 

ドーパミンの役割

ドーパミンにはさまざまな役割があります。

【ドーパミンの役割】
・運動調節機能
・ホルモン調節機能
・快
・学習
・意欲
など
このような役割があります。
ちなみにドーパミンは快の感情に関わるため、ドーパミンを放出させる行為は依存症を引き起こす可能性があります。
快を求めて依存してしまうんです。
代表的なものをまとめます。
【ドーパミンが関与する代表的な依存症】
・アルコール依存症
・タバコの依存症
・スマホ依存症
・ギャンブリング障害
・ゲーム障害
・ドラッグ関係
・性依存症
・過食
など
上記の行為は基本的にドーパミン放出に繋がるため、依存症に繋がります。
特にドラッグに関しては、強制的にドーパミンを大量放出させる為、規制されているわけです。
ちなみに統合失調症(幻聴・幻覚・異常行動などの症状)は、ドーパミンの過剰放出が原因と考えられていて、ドラッグによる異常放出と同じような症状も見られるわけです。

依存症のリスク

依存症のリスクの本質は、「学習意欲の低下」「その他意欲の低下」がもっとも大きいリスクなんです。

国がドラッグを規制する理由は、意欲低下に伴う生産性の低下のリスクを回避する為です。

タバコやお酒に依存している方は、意欲が低い人が多いですよね。

最大のリスクは「意欲低下」です。

 

「意欲が無い」「向上心が無い」人は何かの依存症かも?

学習意欲が無い・向上心が無い人は何かの依存症である可能性が高いです。

もし、人生をより豊なものにしたければ、意欲の向上は必須になります。

誰でも起こりうる依存である「タバコ依存」「お酒依存」「食べ物依存」「スマホ依存」「性依存」「ギャンブリング障害」「ゲーム障害」などが無いか見直してみましょう。

身近な依存は解消できる

身近な依存は解消できます。

見つめなおして依存を解消しましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://are-kore.jp/dependence/]