需要曲線と供給曲線で最適な販売価格を設定する

中学校で学ぶ「需要」と「供給」に関してのお話です。

経済学の基礎となりますが、意外と忘れている人も多いです。

今回は、その需要と供給を解説します。

 

需要と供給

まずは、その需要と供給とは何か?というお話です。

需要とは

需要とは、消費者が財を買いたいと思う欲求です。

供給とは

供給とは、生産者が財を市場に出すことです。

 

需要は消費者の欲求。供給は生産者の力です。

 

財という言葉の解説ページ

 

需要曲線と供給曲線

需要曲線と供給曲線は基本的に下の図のような形となります。

横軸方向が財の数量、縦軸方向が販売価格で表記されます。

需要曲線を見る

需要の曲線だけ見てみましょう。

価格が高い状態だと、財の数量は少なくなります。

高ければ高いほど、その財を購入しようと思う数量は少なくなります。

逆に価格が安ければ安いほど、その財を購入しようと思う数量は多くなります。

需要曲線は、消費者が、その価格で買いたいと思う数量をグラフ化したものです。

 

供給曲線を見る

今度は供給の曲線だけを見てみましょう。

価格が高い状態だとたくさんの量を売りたくなります。

逆に価格があまりにも低いとその価格で売ろうとは思えません。

お友達限定価格ですね。

供給曲線は、生産者が、その価格で売りたいと思う数量をグラフ化したものです。

 

均衡

需要曲線と供給曲線の交わる点は「均衡価格」「均衡取引量(均衡数量)」となります。

もっとも最適な価格で、もっとも最適な数量となります。

※均衡:釣り合いのとれた状態

 

これが需要曲線と供給曲線のお話です。